重要!結婚式に招待された場合に心掛けたいこと

結婚式の招待状の返信について

結婚式の招待状が届いた際の返信にもマナーがあります。もし出席可能の場合は出来るだけ早く返信する方が良いです。その方が、より楽しみにしている気持ちが伝わりますし、準備も早く進めることが出来ます。一方、欠席せざるを得ない場合は、一週間程度日にちを明けてから返信するようにしたいです。あまりにも欠席の連絡が早ければ、最初から行く気が無いと思われてしまう恐れがあるためです。もし当日の予定が分からない場合は、出来れば直接電話をしてその旨を伝える方が良いです。

結婚式のご祝儀について

結婚式に招待された場合にご祝儀をいくらにするか悩みますが、友人や会社の同僚などの場合は一般的には2,3万円が相場となっています。割り切れない数字である3を用いた3万円を包むケースが多いようですが、実際は2万円でも全く問題ありません。新郎新婦の2人と言う意味合いから2万円のご祝儀でもマナー違反ではありません。もし一万円札を二枚いれることに抵抗がある場合は、一万円札一枚と五千円札二枚を入れても構いません。

結婚式に出席する際の服装について

結婚式には招待された側も着飾って参加することになります。しかし結婚式はあくまでも新郎新婦が主役ですので、自由に着飾っていいわけではありません。女性の場合は新婦と同じ白い服装は避けなければいけませんし、派手過ぎたり露出度の高いドレスなどはマナー違反となります。男性に関しても新郎よりも目立たない控え目な服装を心掛けることが必要です。しかし普段の仕事の時と同じようなスーツスタイルは避けなければいけません。また男女ともにカジュアル過ぎる服装も結婚式には相応しくありませんので、気をつけなければいけません。

白金付近には、有名なホテルや飲食店や結婚式のできるゲストハウスが多く、白金の結婚式場は比較的に選び易い地域です。