プラチナが日本の結婚指輪の主流になったわけ

欧米では実は金が多い

結婚指輪というとプラチナのイメージが強いかもしれません。しかし、実は欧米ではプラチナというよりも、金のケースが多いようです。二人の愛の証としての指輪なので、材質は何でもいいので実はプラチナや金である必要性はないのです。別に銀でもいいわけです。しかしプラチナや金が多いのはそれがそれだけ貴重であること、そして変質しにくいからと言われています。日本人はプラチナというのは黄色人種の日本人の肌には、プラチナがよく似合うからとも言われています。

夫婦一緒のデザインでなくてもいい

結婚指輪というと夫婦が同じデザインのシンプルなプラチナのリングといったイメージが強いかもしれません。ちょっと前まではこれが当然で、今でもそうしている夫婦が多いですが、実は二人が全く違うデザイン、材質のものにしても問題はないのです。ご主人が金で奥さまがプラチナでも構わないのです。一生身に付けるものなので、自分の好きなものを付けたいですよね。お互いが好きなデザインを別々につけて結婚指輪としている夫婦もいるのです。

結婚指輪はなくてもいい!?

結婚式の指輪交換で結婚指輪をとりあえずはめたけれど、何だか合わなくてその後ははずして生活している人も多いようです。日本の結婚式では指輪交換が定番となっているのでとりあえず勧められるがままにしたけれど、指輪の必要性を感じない、というよりむしろ邪魔という人も多いのです。それでも身に付けたいとネックレスに通してつけている人もいるようですが、無理してつけなくてもいいでしょう。女性も家事や育児で邪魔になって外す人も多いといいます。指輪がなくても、二人の関係が確かなら問題ないのです。

婚約指輪は、結婚指輪のように日常生活で常につけているものではないので、デザインにこだわり誕生石などがついていることが多いです。