約束があれば婚約?そもそも婚約とはどういうものなのか

婚約とは結婚の約束のこと

「結婚しよう」とプロポーズをされ、それを了承すれば、その瞬間にそのカップルは婚約したということになりますね。とはいえ、婚約や結婚というのは、カップル二人だけの関係ではありませんよね。婚約・結婚というのは家と家の結びつきです。そんな考え方はもう古いなんていう人もいたりしますが、やはり現代だっても家の存在というのは大きいものだったりしますね。籍を入れるということは、家に入るということでもあるわけです。

さまざまな婚約のスタイル

婚約というのはカップルが結婚の約束をすれば成立しますが、家と家の結びつきにはいろいろなスタイルがあったりします。今でも結納をするカップルもいたりしますよね。結納は日本古来から伝わる伝統的な婚約スタイルです。結納では、結納品を納めたり、結納返しをしたりなどさまざまなしきたりがあったりしますね。結婚前のけじめをつける儀式とも言えるのが結納です。カップルだけでなく、家と家の結びつきを意識するのが結納ですね。

両家の顔合わせをする

結納という一種の格式ばった婚約式に抵抗を感じる人もいるかもしれません。しかしそういう場合であっても、家と家との結びつきというのはあるものです。それが顔合わせという儀式です。顔合わせはというのは、仲人や結納品などはなく、単純に両家の一族が集まって、顔を合わせるというスタイルの、一種の簡易的な婚約式のようなものです。親睦を深めるという意味も込められ、食事をしながら相手の家族がどのような人柄なのかを知るいい機会となるものです。

エンゲージリングとは、結婚を約束した男性側から女性に送る指輪のことです。ダイヤモンドがあしらわれているのが一般的です。