究極の節約術!給湯器の賢い活用法を徹底調査

毎日使うものだからチリも積もれば山となる

家計の中で、お料理やお風呂のために、毎日数百リットルものお湯を沸かしています。両親に子供二人という平均的な家庭では、一日に300リットルから500リットルものお湯を消費しているといいます。水からお湯を沸かすと、膨大な熱量を消費してしまいますよね。お湯にかかる出費を安くしてくれる強い味方と言えば、給湯器。家族が多い家庭や、毎日お風呂にはいるという家庭なら、給湯器があると光熱費を節約することができるでしょう。

給湯器の節約方法はまだまだあった

給湯器を導入すると、電気代やガス代を年間あたり数千円単位で節約することも可能です。それが数十年間続けば、かなりの金額になりますよね。節約できた分のお金で、海外旅行にでかけたり、好きなブランドのバッグを買ったりできるかもしれません。給湯器のコンセントをこまめに抜くようにすることで、さらに電気代を節約することもできます。使っていないときでも、待機電力と呼ばれる微量の電気が流れているからです。給湯器と同様に、使っていないときは他の家電製品のコンセントも抜いておくといいですね。

電源タップで手軽に電源をオン・オフできる!

給湯器のコンセントを抜いたり、さしたりするのが面倒だと言う人には、家電量販店やスーパーなどで電源タップを買ってくるのがおすすめです。電源タップには、スイッチがついていて、スイッチをオン・オフするだけで、コンセントを抜かなくても待機電力が流れるのを制御できるようになるんです。給湯器の待機電力は、家電製品のなかでも大きいほうなので、一日あたりに換算すればわずかですが、毎日続けると馬鹿にならないほどの節約になるんですよ。

給湯器の相模原ならば、最新式の機種を購入することができます。さらに、修理にも対応していますので、とても重宝されています。