上手に節約!結婚式場での費用を抑えるポイント

どこまで「プロの手を借りずに」できるか

結婚式は人生の晴れ舞台、あれもこれもしたい、と思うままにプランニングすると、とんでもない請求金額になってしまうことも珍しくありません。かといってご祝儀もある手前、あまりにも質素な式を挙げることもできません。やりたいことと費用面を両立させるには、やはりちょっとした努力と工夫が必要になります。何でもかんでもプロの手を借りると、どうしても手数料などがかさみます。手間をかけた分、自分たちだけの結婚式が実現できたらすばらしいですね。

映像関係に自信があれば、思い切ってオリジナルも

効果が高くてお勧めなのは、映像関係の費用を節約することです。オープニングやエンディング、プロフィールなどのムービーを自分達で用意するのは時間のあるカップルには有効です。パソコンで写真を取り込むだけでできるものから、ディテールにこだわるものまで様々です。プロのカメラマンに依頼する式中の写真撮影も、腕の立つ友人や知人の協力を仰ぐのも良いでしょう。写真撮影を趣味にしている人は少なくないので、謝礼は必要になると思いますが、プロに支払うよりははるかにコストダウンが図れます。

会場側が許してくれるなら、どんどん持ち込みを

挙式を行う会場の条件として、「弊社の管理するドレスを着用」などという条件がなければ、自分達でレンタルドレスを用意し持ち込むのも大きく節約ができると言えるでしょう。また席次表、席札、招待状などのペーパーアイテムも、量販店やインターネットで揃えることもだいぶし易くなりました。購入したアイテムにテンプレートなどがある例も多いので、有効活用して上手な節約を図りましょう。オリジナルアイテムを揃えることで、より思い入れのある挙式になりますよ。

名古屋の結婚式場なら選択肢が豊富ですから、アットホームなウェディングも、厳かな挙式も実現することができます。